JPADSとは

19世紀に写真が誕生してから約170年が経過しました。

初期の写真はそれぞれの時代に生きた人々の記録を残してきました。20世紀になるとフォトジャーナリズムが一世を風靡し、写真は世界の真実を伝える役割を担います。

しかし、60年代以降はテレビが出現し、その役割が大きく変わります。写真は撮影者のパーソナルな視点を伝えるアート表現の手段となっていきます。90年代以降、世界的にコレクターも増加して、アート写真市場は大きく成長します。

そして21世紀の今、現代美術も取り込んでアートとしての写真の可能性はさらに広がりを見せています。優れたアーティストの写真作品は人々に生きる指針を提示する存在にさえなっています。
日本は名だたるカメラ・メーカーを数多く抱え、ハード面では世界をリードしていますが、

アート写真に関わる、作家、ギャラリーの数は非常に少なく、ソフト面にあたる写真文化のレベルは欧米と比べ大きく後れをとっていると言っても過言ではありません。一般の人にとって写真はまだ撮影するもので、趣味のひとつでしかありません。写真美術館などの展覧会などで、写真鑑賞やコレクションに興味を持つ人も最近は増加傾向にあります。

しかし、国内作家の場合、作品クオリティー、コンセプト、価格などについて業界内の共通基準がありません。そして感覚を重視して撮影することが、アート作品であるかのような誤解が蔓延しています。プロフェッショナルとアマチュアの写真が混在し、一般的には価値基準が(非常に)分かり難くなっているのも事実です。

このような状況において、日本のアート写真界の未来に光は見えてきません。(はかなり暗いものになりそうです)。アジアにおいては写真文化の中心地が韓国や中国になりつつあり、日本人コレクター、オーディエンスは海外に注目し、美術投資家はますます海外アーティストの作品にしか興味を持たなくなるかもしれません。

今の日本に必要なのは、専門家がアート写真の基準を明確化して、それを広く浸透させて行かなくてはなりません。そのために優れた写真作品を写真展、アート・フェアーなどで定期的に紹介し、同時に写真家、コレクターに対して写真文化の普及、啓蒙の活動を行うことが必要と考えています。

以上の趣意に鑑み、アート写真に関わるギャラリー、ディーラーの非営利団体 ジャパン・フォトグラフィー・アート・ディーラーズ・ソサイエティー / Japan Photography Art Dealers Society [JPADS] を設立しました。

主な活動内容

  1. 国内でのアート・フェアーの企画、開催。 広尾・アート・フォト・マーケット(2010年12月に開催) コレクター初心者向けに10万円以下の作品(約100点)を展示販売。
  2. ザ・JPADS・フォトグラフィー・ショーの開催 (2011年2月24-27日に予定) 国内外のコレクター向けにコンパクトなテーブル・トップフェアーを開催。
  3. 海外アート・フェアーに参加を計画。 コストのかかる海外アート・フェアーにJPADSとして参加して会員の日本人取り扱い作家を外国人コレクターなどに紹介する。
  4. 各種ワークショップ・講演会の開催。 若手写真家の育成、写真文化の教育、啓蒙活動を行う。

代表者

山崎 信(フォトクラシック、2017年〜)

創設メンバー

  • フォトクラシック
  • フォト・ギャラリー・インターナショナル
  • MEM
  • ブリッツ・ギャラリー
  • インスタイル・フォトグラフィー・センター